ギャラリー

人間国宝に指定された木村雨山をはじめ、加賀友禅の巨匠の作品の一部を紹介します。どうぞごゆっくりとご高覧ください。

木村 雨山

談議所 栄二

能川 光陽

成竹 登茂男

毎田 仁郎

梶山 伸

初代 由水 十久

水野 博

矢田 博

木村雨山 振袖「菊寿」

木村 雨山きむら うざん

[明治24年―昭和52年]

明治末期に上村雲峰に師事。昭和30年人間国宝。加賀友禅の名声を全国に轟かせた巨匠の中の巨匠。

振袖「菊寿」

談議所栄二 振袖「赤松」

談議所 栄二だんぎしょ えいじ

[明治32年―昭和49年]

大正初期に岡本光谿に師事。後年雨山に次ぐ巨匠となり、草花の繊細な描写には雨山を凌ぐものがあった。

振袖「赤松」

能川光陽 訪問着「ホノルルの花」

能川 光陽のがわ こうよう

[明治33年―平成8年]

大正初期に岡本光谿に師事。96歳の天寿を全うするまで「間」を巧みに生かした品格ある創作を貫いた。

訪問着「ホノルルの花」

成竹登茂男 訪問着「山茶花」

成竹 登茂男なりたけ ともお

[明治36年―平成3年]

大正初期に中橘園に師事。戦後以降日展でも活躍。写生とともに迫力ある力強い構成力に秀でていた。

訪問着「山茶花」

毎田仁郎 訪問着「芳香」

毎田 仁郎まいだ じんろう

[明治39年―平成5年]

大正中期に下村光鳳に師事。徹底した写生ぶりと温もりのある繊細な彩りの妙のにより高い評価を得た。

訪問着「芳香」

梶山伸 振袖「彩華文」

梶山 伸かじやま しん

[明治41年―平成9年]

大正末期に梶山星年に師事。自然描写を基調とした造形表現に非凡さを発揮、業界の指導にも貢献した。

振袖「彩華文」

初代/由水十久 黒留袖「白酒売り」

初代由水 十久ゆうすい とく

[大正2年―昭和63年]

昭和初期に紺谷静焦に師事。古典文芸にも造詣深く、童子の詩情豊かな描写力は高い評価を得た。

黒留袖「白酒売り」

水野博 訪問着「野(のげし)」

水野 博みずの ひろし

[大正7年―昭和54年]

昭和初期に土屋素秋に師事。独特の抑制された彩りで装飾的な草花を描き加賀友禅に新風を吹き込んだ。

訪問着「野(のげし)」

矢田博 振袖「やすらい祭り」

矢田 博やた ひろし

[大正8年―昭和61年]

昭和初期に土屋素秋に師事。写生を重視したダイナミックな構図とともに巧みな図案化は高い評価を得た。

振袖「やすらい祭り」